ビジネス手帳の選び方をもう一度おさらいしよう!

生活の区切りのタイミングで手帳を新しくしようと思う方は多いですよね。

ただ、「自分はどんな手帳を選ぶべきか」しっかりとした軸を持っているでしょうか?

ここでは大人の男性として恥ずかしくないビジネス手帳の選び方について解説します。

「手帳」を使う目的を決めよう

まず、「手帳」を使う目的を決めましょう。目的が決まれば自ずと「目的」に合わせた手帳が見つけやすくなるはずです。

時間管理をしたい

1つめは「時間管理をしたい」パターン。この場合は、 「月間(マンスリー)」タイプのものより、「バーティカル型」(時間枠を作るタイプ)を選ぶと時間が把握しやすくなります。

ToDoを管理したい

2つめは「ToDoを管理したい」パターン。ほかに「メモを書き込みたい」という方も当てはまります。この場合は、「レフト式」(右半分がノートになっているタイプ)を選ぶと、たくさんの書き込みができるようになります。

サイズ:自分のスタイルによって使い分けるのが基本

続いて、手帳のサイズ決めです。

自宅や会社に置いて使うことが多いのか、それとも持ち運ぶことが多いのか。手帳のサイズが大きいほど書き込める量は多くなりますが、持ち運びがしにくくなります。反対に、手帳のサイズが小さくなると、持ち運びはしやすいですが、書き込める量は少なくなります。

手帳は、一般的には次のサイズがあります。

  • A6(文庫本サイズ)
  • B6(単行本サイズ)
  • A5(教科書サイズ)
  • B5(大学ノートサイズ)

フォーマット:自分の予定に合わせたものを選ぶ

目的とサイズが決まったら、いよいよ具体的なフォーマット選んでみましょう。目的が決まっているので、フォーマットも決めやすいはずです。

月間(マンスリー)

月間(マンスリー)タイプは、1ヶ月の予定がひとめで分かるため視認性に優れています。一方、1日に複数の予定が入る人には向きません。

週間(ウィークリー)

週間(ウィークリー)は、見開きが1週間になっているものです。先ほどの「バーティカル型」や「レフト型」などが当てはまります。適度な予定が書き込めるため、ウィークリータイプを使っている方も多いでしょう。

1日(デイリー)

1日(デイリー)タイプは自由度が非常に高くなっています。その日のToDoリストを付けたり、アイディアを書き込むのも良いでしょう。一方、どの日にどの予定が入っているかの視認性は、他のタイプより低くなってしまうのは否めません。

何月はじまりの手帳を選ぶ!?

手帳を買う時期によって、手帳のはじまりが異なります。大きく4つに分類できます。

  • 1月始まり
  • 4月始まり
  • 9月始まり
  • 12月始まり

1月や12月など新年から気持ちを切り替えるという人も多いでしょう。自分が手帳を買うタイミングに合わせて、自分にあった手帳を選んでみてください!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA