FeiyuTech、一眼レフ用新型ジンバル「AK4000/AK2000」発売開始

ハンドジンバルのパイオニア「Feiyu Tech」の新製品「AK4000」と「AK2000」が12月14日(金)に発売開始します。

AK4000は4kg、AK2000は2.8kgのカメラ耐荷重。REDなどの大型4Kカメラにも対応しているので、より本格的な撮影を行なうシーンでも使用に適しています。

AKシリーズはジンバルのハンドル部にLCDタッチパネルを標準装備しており、ジンバルのモード変化をはじめ手元で様々な調節ができます。これまでパソコンやスマートフォンで行なっていたマニュアル操作も、ジンバル本体で行えるので非常に効率的です。

各軸の調整、カメラのフォーカス・ズームを可能にするマジックリングを搭載。モニターを邪魔しない特殊設計アームで、より撮りたい画を簡単に撮影することが出来るようになります。

AKシリーズでは一眼レフカメラでブレない動画撮影が可能で、スマートフォンアプリ「Feiyu ON」にてジンバルやカメラの詳細設定が出来るようになっています。バッテリー駆動時間は約12時間。

詳しくはFeiyu Tech日本公式サイトをご覧ください。

詳しくはこちら

※掲載画像はプレスリリースより引用

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA