冷えたドリンクをどこにでも ポータブル冷蔵庫 THE CHILLER

氷や電源も不要の、ポータブル冷蔵庫がクラウドファンディングをスタートしています。

クラウドファンディングサイトMakuakeにてスタートしたのは『THE CHILLER』です。

スポーツ観戦やBBQなど、アウトドアの際に持っていきたい飲み物や食べ物。それなりの性能で手頃な冷却バッグがない、クーラーボックスには氷が必要だし重たい…などの悩みを解決するのがTHE CHILLERです。

見た目はドリンクホルダーのようですが、その冷却機能は最短30分から1時間で飲み物を約10度低く冷やしてくれます。使い方は、冷凍庫で6時間冷やしたTHE CHILLERにドリンクをセットするだけ、ととても簡単。350ml/500mlの缶やペットボトルなら3本、750ml~1Lのペットボトルやワインボトルなら1本、しっかりとホールドされます。

繰り返しの冷却が可能になっていて、冷えたドリンクを取り出した後に新しいドリンクを入れれば冷えていきます。室温にて冷えたドリンクを入れた条件で、6時間以上の保冷能力を維持。凍結ゲルパックを包み込む断熱外壁構造の採用で、効率的に保冷されます。

さらに、THE CHILLER専用バッグを使うことで、その保冷能力が約3倍の、最大24時間保冷を実現します。専用バッグは容量別に2種類。バックパック型のTHE CHILLER’S PACKにはTHE CHILLER1個がフィットし、合計6本の缶が収納可能。便利なスマホポケット付です。
大容量のTHE CHILLER’S TOTEには、THE CHILLER1個が収納できるのはもちろん、2段構造となっており、ドリンクの他にお弁当やBBQ食材などの保冷をすることもできるようになっています。

暑い時期のアウトドアに冷たいドリンクを飲みたい!というのはもちろん、食べ物が傷んでしまったりや食中毒を防ぐためにも、保冷バッグは活躍しますね。氷や電源がいらないポータブル冷蔵庫は、これまでになかったアウトドア派には特に気になるアイテムです。

今なら最大30%OFFで申し込みすることができます。(12月11日時点)
詳しくはクラウドファンディングのプロジェクトページをご覧ください。

詳しくはこちら

※掲載画像はMakuakeより引用

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA