机の上で広がるあなたの想像力を形に。理想的な3Dプリンター『rs-Mini』

コンパクトなデスクトップ型家庭用3Dプリンターが日本初上陸となるクラウドファンディングをスタートしています。
クラウドファンディングサイトMakuakeにてスタートしたのは、“ミニ”でも高性能な『rs-Mini』です。

「rs-Mini」は「よりシンプルに、よりこだわりを」という理念に基づいて生産されました。

rs-Miniの特徴の1つが、名称の通り「小さい」、場所を取らないコンパクトサイズであること。直径は約20.5cm、高さわずか34.5cm、本体重量も7kgと非常に軽量のため、普通のテーブルにおいても邪魔になりません。

本体サイズはコンパクトでありながら、幅105mm×奥行135mm×高さ120mmの造形エリアを実現することができました。

rs-Miniは、複雑かつ面倒な設定は不要。はじめて3Dプリンターをお使いになる方でも安心してご利用いただけます。

仕事用でも、個人用でも、簡単かつ効率的に高精度な造形品を生み出すことができるアイテムですよ!

今なら最大32%OFFで申し込みすることができます。(8月10日時点)
詳しくはクラウドファンディングのプロジェクトページをご覧ください。

詳しくはこちら

※掲載画像はMakuakeより引用

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA