フランス人が考えた!食品をフレッシュに美味しく保つキッチンアイテム『デリエア』

フードロスに向けて開発されたこれまでにないキッチンツールが日本初上陸となるクラウドファンディングをスタートしています。
クラウドファンディングサイトMakuakeにてスタートしたのは、食品をフレッシュに美味しく保つキッチンアイテム『デリエア』です。

「デリエア」は、「食品の保存期間の短さ」を少しでも改善するために開発されました。

デリエアの最大の特徴は、ありのままの形で食品を保管するところにあります。
専用のビニールバッグに天然素材ガスの窒素と炭酸ガスを入れることで酸素を追い出し、食品の酸化を防ぐため鮮度を保つことができるのです。

採れたての野菜や傷みやすい高級な食材、作り置きの食材やもともと柔らかい食品など…
これらの本来の形状や美しさを損なわずに保存することができます。

また、肉には肉の、野菜には野菜のそれぞれにとっての理想環境があります。
それぞれに対して最適なガスの成分や特殊バッグの素材を創り上げました。

使い切れなかった野菜、作りすぎた料理、日持ちしない食材などを無駄なく適切に消費し、“フードロス”を未然に防ぐことができるのは、私たち自身に嬉しいだけではなく環境への貢献にも繋がりますね!

今なら最大69%OFFで申し込みすることができます。(7月12日時点)
詳しくはクラウドファンディングのプロジェクトページをご覧ください。

詳しくはこちら

※掲載画像はMakuakeより引用

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA