バイカー必見!U.S.A.発の「オートバイと一緒に泊まれるテント」が日本初上陸!

5月15日より「オートバイと一緒に泊まれるテント」が日本初上陸となるクラウドファンディングをスタートしました。

クラウドファンディングサイトGREEN FUNDING by T-SITEにてスタートしたのはキャンプバイカー専用テント『Atacama(アタカマ)』です。


『Atacama(アタカマ)』はオートバイでキャンプを楽しむ方必見の新商品です。

オートバイを所有する方にとって休日のツーリングやキャンプを楽しみに、日々のお仕事に励んでいる方も多くいらっしゃることでしょう。
車でのドライブとはまた一味違うオートバイでのキャンプで最高のひと時を過ごしたい方にとって、悩みとなるのが盗難対策です。

ヘルメット、ライディングブーツ、ズボン、装甲ジャケットなどオートバイでのキャンプは意外に装備品が多いものです。
一般的なテントでは私たちが利用することだけを想定して作られていますが、『Atacama(アタカマ)』はオートバイと一緒に泊まれるテントなのです。

『Atacama(アタカマ)』があれば持ってきた荷物を雨風から守ってくれるのはもちろん、大切なバイクも一緒にしまうことが出来ますので、急な豪雨や盗難の被害から守ってくれる一品です。

バイクと一緒に泊まれるだけあって、テント内も広々使うことが出来ます。
サイズも2種類から選ぶことが出来ますので、一人でも二人でも利用できます。

このように、大切な愛車がすっぽり収まる設計となっています。

組み立てと片付けも簡単な設計となっているので、面倒な設営は必要ありません。

今なら最大32,670円OFFで申し込みすることができます。(5月16日時点)

詳しくはクラウドファンディングのプロジェクトページをご覧ください。
詳しくはこちら

※掲載画像はGREEN FUNDING by T-SITEより引用

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA