充電ができるシステム手帳『ELENOA』が最新モデルを発表

4月6日よりモバイルバッテリー内蔵のシステム手帳がクラウドファンディングをスタートしました。

クラウドファンディングサイトGREEN FUNDING by T-SITEにてスタートしたのはシステム手帳『ELENOA(エレノア)』です。

日々のスケジュール管理やタスク管理、商談でもメモなどビジネスマンにとって欠かせない存在なのがシステム手帳。

そんなシステム手帳にモバイルバッテリーが内蔵しており、充電が出来る斬新なシステム手帳が登場。

合同会社FRONTIER TRADEより登場したシステム手帳ELENOA(エレノア)はA5サイズのシステム手帳でありながら、モバイルバッテリーを内蔵している一品。

今回のプロジェクトでは最新モデルの製品化を目指したクラウドファンディングとなっており、ワイヤレス充電機能が搭載されました。

モバイルバッテリーの容量は8000mAh
iPhone8であれば約2回程度充電できるだけのパワーがあります。
また、ケーブル接続による充電の出力電流は2.0Aとなっており、急速充電にも対応しています。(ワイヤレス充電の出力電流は1.0A)
同じく、モバイルバッテリー本体を充電するための入力電流も2.0Aとなっており、約4時間程度でフルチャージが完了します。

システム手帳ELENOA(エレノア)にはUSBメモリーも付属しているため、外出先などいざと言う時にさっとデータのやり取りができます。

USBメモリーは手帳の開閉部分に付属しているので、使う時だけ取り外し、使わないときは収納しておくことができます。

USBメモリーの容量は32GB、USB3.0対応の仕様となっています。

今なら最大40%OFFで申し込みすることができます。(4月7日時点)

詳しくはクラウドファンディングのプロジェクトページをご覧ください。
詳しくはこちら

※掲載画像はGREEN FUNDING by T-SITEより引用

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA